aikafelt.exblog.jp
選択
b0091802_391123.jpg
これは去年11月始めの写真。湖に氷が張って、初めての雪が積もった。ミニチュアの森のよう。雪の結晶が風に助けられてこんな風に育ったのだろうか。日本へ行く前の出来事で、忙しさに書くことができないでいた。



私たち夫婦には自分達の両親ほど年の離れた友人がいる。近所に住むAapiがその人で、コンピュータの博士みたいな人、フィンランドで最初にマッキントッシュを自分で組み立てた(?)と聞いたし、私たちのPCのトラブルは全てAapiが解決してくれている。『冷静沈着』が彼に一番似合う言葉だ。

日曜日の朝、「湖にスケートに行こう」と彼からの電話。「車で少し行くけど、今しかできないから」
b0091802_3174129.jpg

他に誰もいない。私たちだけのリンクだ。これ以上雪が積もったらスケートはできないし、これより前だったら氷が薄くて危険だ。だから、湖でのスケートは限られた時期だけの特別なハプニングだ。

こんな風に、出かけよう、と誘ってもらうのはもう何度目か。
夏に、湖沼にカヌー乗りに連れて行ってくれたときは、そのうっそうとした緑葉のかさからこぼれた光と、ひやりと鏡のような水面に、水草の黄色い幾千の花が、泡のように咲いたみずみずしい光景に、フィンランド育ちの夫も感嘆し、言葉をなくした。水面近くの私の目に映った、カヌーが押し出す波紋と、ゆっくりのはずだったのに感じていた疾走感は、フィンランドで見た美しいものの中でも一番大事なものの一つだ。そこは彼の家族の秘密の場所で、行き着く目的地にはここラップランドにしか自生しない、Hilla(ホロムイイチゴ)があって、それを摘みに行こうというのだった。

Aapiと夫はホッケー用のステッキを持って、湖上に滑り出した。私はスキー用のステッキを持って。これで怖くない(笑)
b0091802_4164378.jpg

b0091802_3225911.jpg
私は数年前、Aapiの奥様に一度だけお会いしたことがあり、それが最後だった。薬剤師で、Aapiよりも少し年上だった奥様は、がんに侵されていて、それを知っていたからだろう、二人はフランスとギリシャへの旅に出掛けた。亡くなったと聞いた後、私たちはAapiを見舞い、思い出の写真を見せてもらった。
b0091802_4272177.jpg
二人の息子さんはOuluという、少し離れた所に住んでいたし、そのうちの一人が夫と友人だったので、父を慰めてやってくれ、とも言われていた。

私たちは度々Aapiを訪ねた。彼が、夕食を作ったから、と慣れない手つきの料理に招待してくれることもあったし、私達が和食を振舞ったり、プッラと呼ばれる、フィンランドの家庭ではどこででも作られるパン菓子を夫が作って持っていったり、庭にネットを張ったから、うちですると良いよ、と外でバトミントンをしていた私たちを呼んでくれたこともあった。
b0091802_4371720.jpg
ある食事の後、夫はAapiに、大丈夫か、と訊いた。
孤独と、寂しさは、深まるばかりだ、耐えられない時がある、とAapiが答える。
フィンランド語がわからない私に夫が訳してくれて、私はどう言っていいのかわからなかった。夫は、Aapiは、そういう人なんだ、彼は大丈夫じゃないのに、大丈夫、とは言わない、と説明する。Aapiはまっすぐに私を見る。

退職を控えて家で過ごすことの多かったAapiには、広い家に彼女と刻んだ時間、隣にいるはずの最愛の人の抜け殻を見て暮らすのは、どれほどの痛みだったか、と想像する。
b0091802_4501662.jpg
だけど、時間とともにAapiは外にも向かって行った。この前ダンスに行ったんだ、そこで女性に踊ろうと誘われたよ、と話してくれることもあった。その頃私の両親がやって来ていて、Aapiの家にみんなでお邪魔した。Aapiはスーツにネクタイで、テーブルはいつもより華やかにセットしてくれていた。いつもいつも、Aapiは花が好きで、生花が飾られているテーブルだ。

最近Ullaという女性と長い時間を過ごしている、とメールでAapiが書いてきてくれたのは、私たちがベルリンに3ヶ月間だけ住んでいる時だった。えっ、恋人?と私ははしゃいだ。さぁ、どうかな、と夫は言っていたけど、私はなんだか大切な友人を奪われたような、逆にAapiが立ち直っているという現実がうれしいような、複雑な気持ちだった。

Ullaさんには娘さんが3人いる。そのうち二人はすでに家庭を持っているそうだ。私たちがベルリンから帰って来た時、AapiとUllaはすでに一緒に暮らしているようだった。
b0091802_526233.jpg
Aapiからの誘いは減ってしまったけど、時々彼を訪れると、いつもUllaさんがそばにいて、AapiがUllaさんとの会話で時々見せる笑顔は、とてもリラックスしていて、見ている私も優しく包まれるような雰囲気だ。その後彼らは両方の家族とも会って、食事を共にしたりしたそうだ。
b0091802_6271319.jpg

フィンランドには、中高年が新たなパートナーに出会う、ダンスホールのような場所があるらしく、実は夫の祖父も、祖母が亡くなった後、新たなパートナーに出会い、その彼女とサイクリングやスキーへ出掛けたり、今の方が行動が広がっている。祖父は70代だ。この前なんて、祖父が離れたところに住む自分の娘、息子に会うための旅から帰った時、荷物もおかずにそのパートナーのもとに車をとばしたそうだ。かわいい。1にも2にも逢いたかったのだろう。

家族の思いは複雑かもしれない。Aapiの上の息子さんが結婚する時、その結婚式にUllaさんは招待されなかった。夫の祖父とそのパートナーと、夫の父、母との仲は非常に良い。いつもなんのかんのと家を行ったり来たり、食事を共にしている。
b0091802_625492.jpg

フィンランドでは、結婚をしていなくても、一緒に住んでいるという事実が証明されれば、社会的には結婚しているのと同等の扱いだ。私が結婚する時にも、2年以上の同棲の事実があれば、結婚していなくてもレジデンスパーミッションがおりると知り、その寛容さに驚いた。若い人が入籍を考えるのは、実際には子供ができる時(子供への財産分与などに影響がある)ということも多いようで、夫の妹なんて、もう10年以上今のボーイフレンドと一緒に住んでいるし、両方の親の交流もたくさんあるようだけど、入籍はしていない。

日本の中高年の恋愛観は、フィンランドのそれに比べると、苔むしていると言っていいくらいではないかと思う。離婚や死別で一人になっても、世間の目を気にして自由になれないでいる。
b0091802_6201033.jpg
氷の下を流れる水の奏でる音を聴くAapi。
b0091802_6155871.jpg
スケートの後、食事に招待してくれた。AapiとUllaさん手作りのベリーのゼリー、ジュース、ジャム。


選択は、人のためにではなく、自分のためにすべきだ。
笑顔がより多ければ、自分の人生はより豊かになるはずだから。
by aikafeltworks | 2007-02-05 06:34 | 思索・散策
<< 点と点 空 >>



浦田愛香 フェルトワーク from Finland
by aikafeltworks
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
Aika Felt Works
私がつくっているもの
Co-design project
お知らせ・リポート・ショップ
物作りマネジメント勉強会
フィン語でムーミンを読もう
フィンランドで妊娠出産
思索・散策
Shop
Aika Felt Works Webshop

フィンランド在住のデザイナー、浦田愛香による手作りのフェルト製インテリア雑貨のお店。フィンランドからお手元に直接お届けします。

ニュースレターを購読する

Aika Felt Works Webshop coasters
Aika Felt Works Webshop cottagebag
Aika Felt Works Webshop snowflake necklace
Aika Felt Works Webshop osampo bag
Aika Felt Works Webshop slippers
Aika Felt Works Webshop folding bag
Aika Felt Works Webshop wine carrier bag


☆Aika Felt Works
商品取り扱い店☆

Comfort Q (阪急百貨店のインテリアショップ 大阪)

FIQ online
FIQ 名古屋店

北欧雑貨

Kirpputori
(東京五反田)

WEBO(神戸市中央区)

Artisaani (Helsinki, Finland)

OKRA (Helsinki, Finland)

momono (Helsinki, Finland)

Taito shop Pirkanmaa (Tampere, Finland)

mainoa DESIGN SHOP
(Rovaniemi, Finland)

KORUNDI museum shop
(Rovaniemi, Finland)

CityHotel Art and Design shop
(Rovaniemi, Finland)





Aika Felt Works on Facebook
Aika Felt Works on Twitter
最新の記事
新しいブログへ移行します
at 2013-09-05 20:59
Aika Felt Work..
at 2013-06-29 05:21
商品を製作中!送料無料キャン..
at 2013-06-17 16:40
家を自分で建てると決めた、あ..
at 2013-06-14 05:40
ユハヌス フィンランドの夏至祭
at 2013-06-14 05:39
Twitter
ライフログ
参考資料
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧