aikafelt.exblog.jp
ものづくりマネジメント勉強会#1 はじめに
b0091802_240812.gif
b0091802_3344320.jpg2005 年にフィンランドでAika Felt Works を立ち上げて今年6年目を迎えます。自分の身一つでフィンランドへ渡り、資本もネットワークもない中で、フリーランスのデザイナーとして、とにかく商品を世に出すために、まずは自分で商品を生産し、梱包し、ショップを探して売り始めるという方法をとりました。(左写真はフィンランドでAikaFelt Works初めての個展の様子)

100%手作りのフェルト作品を制作、ショップに卸し、販売することから始めて、個展を開いたり、Design Council of Finland から助成金を授与されたのを契機に、工業用フェルトを輸入、手作業の割合を減らしつつ同じフェルトという素材を使った新たな商品群をデザインしたり、日本へのグループでのマーケティングに挑戦、ショップエキシビションを開催したり、フランクフルトの国際トレードショウへ出展したりなど、いろいろな方法を試し、手探りで実際にやってみながら、クラフトビジネスについて学んできました。

いつも、『手探り』でした。伝統的なクラフトではなく、デザイン性のある手作りの高価格な商品を、大量生産された安い商品に埋もれさせず、どうやって売っていくのか。これといったモデルケースを見つけることができず、日本で実践に役立つ書籍も見あたりませんでした。

私が直面する問題はいつも、デザインのことではなく、マネジメントでした。どのくらいのサイズのビジネスにしたいのか。そのサイズに見合った収入を得るためにはどんな市場をターゲットにし、そこにどのような方法で販路を築いていけばいいのか。販路まで築けて初めて、価格帯が決定され、そこで受け入れられるデザインとはどんなものなのかを考えることができるのです。

東京デザイナーズウィークや、ミラノサローネで見られる、若いデザイナーの試作展示は優れたものが多くて、本当に素晴らしいと思いますが、フリーランスのデザイナーが、デザインを実際に世に出すためには、メーカーと販売店を探さなければなりません。現実には、ここで止まってしまうデザイナーが多いのではないか、と私は推測します。デザインだけではダメで、そこから前に進むための他のスキル、マネジメント能力が必要なのです。私の場合、労働時間の半分は、このマネジメントにかけていると言っても過言ではありません。

    優れた職人、優れた企業あってのデザイナー


     我々は生まれてきたデザインを語るとき、デザイナーの名ばかりを語るがそれでは不十分だ。優れたデザインが生まれた背景には優れた作り手や企業家の存在がある。デンマークでいえばフリッツ・ハンセン社とアルネ・ヤコブセンの関係、そしてヨハネス・ハンセン社の社長で優れたスネーカーマスター(名職人の称号)でもあったヨハネス・ハンセンとハンス・J・ウェグナーの関係。(中略)

     フィンランドのアルヴァ・アアルトも抜きん出た才能の持ち主であったが、デザイナー個人の力で有名になったわけではない。有名な成形合板の椅子が生まれた背景には、オットー・コルホーネンという成形合板に取り憑かれた男の存在があったことを忘れてはならない。(中略)

     それともう一つ大事なのが、苦労をして生み出したプロダクトを販売するルートをいかに確立するか。アアルトの場合、1935年にアアルト本人と妻でデザイナーのアイノ、歴史学者のニルス・グスタフ・ハール、そしてマイレア・グリクセンの4人でアルテック社を創立。自らがデザインし、アルテック社で売る、という確固たるシステムをつくった。アアルトの例は特殊ではあるが、優れたデザイナーは自分の才能を発揮するための企業や工房を自分で探してくることを積極的にやってきている。だからこそその製品は現在までつくられ続け、我々の暮らしに身近なものとして親しまれているのだ。
    (後略)
    (北欧スタイル№18 「なぜ?なに?北欧デザイン」p19 文=島崎信さん 2009年エイ出版社 より引用)

フリーランスデザイナーの皆さんの現状はいかがですか?どう思われますか?
ここでは、私が経験したマネジメントの失敗例、成功例の紹介、先輩デザイナーやショップ経営者へのインタビューなどから、過去の経験や知恵をシェアし、私達のマネジメントスキルの向上を図りたいと思います。また、インターネットの普及でデザインを取り巻く状況も変わってきています。日本より早くネットの普及が進んだアメリカの現状の研究をすることによって、日本のデザイン、クラフトのマネジメントがどのように変わっていくのかも考えていきたいと思います。

私もまだビジネスについては模索中です。ここで多くの人に接することによって勉強していきたいと思います。コメントをお待ちしています!!
by aikafeltworks | 2011-01-06 04:02 | 物作りマネジメント勉強会
<< フィンランド語でムーミンを読も... フィンランド語でムーミンを読も... >>



浦田愛香 フェルトワーク from Finland
by aikafeltworks
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
Aika Felt Works
私がつくっているもの
Co-design project
お知らせ・リポート・ショップ
物作りマネジメント勉強会
フィン語でムーミンを読もう
フィンランドで妊娠出産
思索・散策
Shop
Aika Felt Works Webshop

フィンランド在住のデザイナー、浦田愛香による手作りのフェルト製インテリア雑貨のお店。フィンランドからお手元に直接お届けします。

ニュースレターを購読する

Aika Felt Works Webshop coasters
Aika Felt Works Webshop cottagebag
Aika Felt Works Webshop snowflake necklace
Aika Felt Works Webshop osampo bag
Aika Felt Works Webshop slippers
Aika Felt Works Webshop folding bag
Aika Felt Works Webshop wine carrier bag


☆Aika Felt Works
商品取り扱い店☆

Comfort Q (阪急百貨店のインテリアショップ 大阪)

FIQ online
FIQ 名古屋店

北欧雑貨

Kirpputori
(東京五反田)

WEBO(神戸市中央区)

Artisaani (Helsinki, Finland)

OKRA (Helsinki, Finland)

momono (Helsinki, Finland)

Taito shop Pirkanmaa (Tampere, Finland)

mainoa DESIGN SHOP
(Rovaniemi, Finland)

KORUNDI museum shop
(Rovaniemi, Finland)

CityHotel Art and Design shop
(Rovaniemi, Finland)





Aika Felt Works on Facebook
Aika Felt Works on Twitter
最新の記事
新しいブログへ移行します
at 2013-09-05 20:59
Aika Felt Work..
at 2013-06-29 05:21
商品を製作中!送料無料キャン..
at 2013-06-17 16:40
家を自分で建てると決めた、あ..
at 2013-06-14 05:40
ユハヌス フィンランドの夏至祭
at 2013-06-14 05:39
Twitter
ライフログ
参考資料
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧