aikafelt.exblog.jp
ウラン堂"クリスマスの贈りもの"展 始まりました!
ものづくりを中心に様々な分野で活躍する作家さんたちが、ウラン堂だけの素敵な“大人のギフト”を創作する、“クリスマスの贈りもの”展が、11月27日から始まっています。
b0091802_2056189.jpg
私が制作した、クリスマス限定赤い親子スリッパは、こんな風に展示していただいています!
b0091802_20572418.jpg
b0091802_2057489.jpg
『階段状の棚に上から小さい順に並べて置いてみたらとてもかわいく!!
ちょうど5段あるので、下へ行くほどサイズが大きくなっていきます。』
とお世話になっている担当者からメールをいただいていて、写真が届くのをとても楽しみに待っていたのですが、ホントにかわいいディスプレイです。

ほかの作家さんたちのディスプレイの写真も、ご紹介!(写真は全て©Copyright URAN-DOU CO,.)
b0091802_2143359.jpg
赤岸さんの、イギリスの「ミンスミート」を再現した、クリスマスケーキです。
b0091802_2162696.jpg
溝川さんは首振りのトナカイ。木粉ねんどで作っているので、手に取ると驚くほど軽い!
首をちょんと触ると、ゆらゆらと可愛らしくお辞儀。
b0091802_2172755.jpg
京都にお住まいのnuriさんのキャンドルは火を灯すと森が浮かび上がり、幻想的です。
b0091802_2110076.jpg
中林さんは針金でドローイングのように作った動物たち。什器とツリーも制作されたそう。
b0091802_21105064.jpg
家具作家の西良さん作、息子さんのためのソリは楢の木でできているそうです。力作!!
b0091802_21115436.jpg
寺田さんは、ネックレスとチャーム、マッチ箱を。
b0091802_21125010.jpg
zuzuさんのバッグ。生地のデザインをし、岡山で縫製をしてもらったそう。
私はトナカイのカバンが欲しい!

ほかにもカードや絵本、ジュエリーもあって、見ごたえあり!
どうですか皆さん、これ見に行かなきゃでしょ?!


ウラン堂[URAN-DOU]

西宮市石刎町9-13 〒662-0074
Tel&Fax 0798-56-8690
Mail books@uran-dou.com
Web www.uran-dou.com/
Shop Open 11:00—19:00
Shop Close Monday
# by aikafeltworks | 2012-12-04 21:28 | お知らせ・リポート・ショップ
ウラン堂"クリスマスの贈りもの"展 11月27日から
2012年6月1日 オールド&ニューブックス ウラン堂と併設のウラン堂ギャラリー デ・カタチノが、阪急 苦楽園口駅前にオープンしました。
b0091802_2125251.jpg
b0091802_2126394.jpg
(photos from URAN-DOU CO,. LTD)

オープン当初から、関西を中心に活躍するクリエイターの個展、ブルーズおよびR&Bのレコード音源とジャケットデザインを同時に楽しむ企画展など、アート全般にわたるシブくてかっこいい展覧会を打ち出している ウラン堂ギャラリー デ・カタチノが、"クリスマスの贈りもの"展を行います。
b0091802_2140181.jpg

料理研究家、ハンドメイド作家、グラフィックデザイナー、フラワーデザイナーなどなどの作家による、大人の贈りもの展です。

参加しませんか、とのお声をかけていただいた私は、これまであたためてきた新作をここでお出しすることにしました。どん!
b0091802_21445018.jpg
クリスマス限定、赤い親子スリッパです!

写真右はベビーサイズで、1歳半から2歳くらいの、歩き始めて間もない子供たちのサイズ。かかとをホールドし、足の甲の部分はゴムで伸び縮みするタイプです。さらに写真にはありませんが、小学校1年生くらいの子供たちのためのキッズサイズ、20~21センチ(こちらは大人用と同じデザイン)もご用意しました。中敷が取り出せて手洗いしていただけ、底にはリサイクルの革を使用しています。

子供サイズのスリッパは息子(もうすぐ1歳9ヶ月)が大人の靴やスリッパを履いては遊んでいるのを見て、専用のものを作ってあげたいなと思ったのが、制作のきっかけでした。冬はニットの靴下を履かせていて、滑りやすくて危ないということもあったので。でも靴下すらも時々脱いじゃう彼は、せっかくのスリッパもずっと着用するのは苦手なようす。履いた靴下はちゃんと履いていてくれる、お行儀の良い子にお勧めです。

このベビー用スリッパ、なかなか良いサイズに仕上がらず結構苦労しました。大人用のをそのまま縮小してもだめで、幼児の足ってプロポーションが全然違うんですね。横幅があってころころしている感じ。作っては入らずを2回繰り返し、次は大きくて簡単に脱げ、結局上の写真の赤いスリッパの形に落ち着きました。
b0091802_2203761.jpg
これは最初の試作。新生児にしか入らんがな。下は試作の変遷のようす。一番奥が大人サイズ。
b0091802_2205259.jpg
Aika Felt Works Webshop をご利用いただいたことのある、関西にお住まいのお客様にDMをお送りしました。サンタ村からクリスマス切手を貼ってお送りしたので、サンタさんの消印がおされていますよ!

どうかみなさん、ウラン堂へおでかけくださ~い!

ウラン堂[URAN-DOU]

西宮市石刎町9-13 〒662-0074
Tel&Fax 0798-56-8690
Mail books@uran-dou.com
Web www.uran-dou.com/
Shop Open 11:00—19:00
Shop Close Monday

阪急電鉄 苦楽園口駅 下車徒歩2分
b0091802_2295486.png
# by aikafeltworks | 2012-11-11 22:22 | お知らせ・リポート・ショップ
ヘルシンキのセレクトショップ、momonoに注目!
皆さんお元気ですか?ずいぶんご無沙汰しております。

ロヴァニエミはもう雪景色となりました。秋の黄葉も終わり、日照時間がどんどん短くなる11月。この時期に雪が積もっていないと、4時ごろから暗くなってしまった“夜道”は本当に暗く、どんよりとした気持ちになるのですが、今年は大丈夫!雪に覆われた世界は、少しの光しかなくてもずいぶん明るく感じさせてくれます。

そして、オーロラのシーズンも到来しています。7日の水曜日は久しぶりに快晴となったので、夜、期待して空を見上げると、大きな帯状のオーロラが!街中で見るのは本当に久しぶりでした。たくさんの縦のきらめきが集まって長い帯状になっているオーロラ。きらめきの下のほうは赤みを帯びたりしながら揺れて、短い時間に大きく形を変えていきました。…それにしても、ぼうっと見とれる私の背後を、ジョギングしたり、家路を急ぐフィンランド人のみなさま、もうちょっと感動してください(笑)。

さて、お知らせです。

ヘルシンキの中心部、Annankatu 12 にあるインテリアセレクトショップ、 momono・桃野Aika Felt Works のフェルトグッズの販売を始めました。フェルトスリッパコテージバッグフォールディングバッグお散歩バッグを扱っていただいています。

momono・桃野 は去る10月1日にオープン1周年を迎えたばかりの新しいお店です。お店のことを皆さんにご紹介するため、店主のライノさんにインタビューをしてみました^^!以下ご拝読をお願いしま~す!


まずはお店のことをお聞かせください。広さや特徴など。
『ショップは約50平米の広さで、ストリートに面するウィンドウが一つ、それからバックヤードに面する二つのウィンドウがあって、ストリートからお店の中を通してバックヤードまで見渡せる、とても気持ちの良い空間です。お店ではインテリアを構成するグッズを扱っています。
b0091802_21441613.jpg
b0091802_2145342.jpg

お店にはプチカフェも併設していますので、お店をのぞきがてらコーヒーや紅茶で一息ついていただけます。いろんな種類のクラッカー入りチョコレート付き!夏にはテイクアウトもOK。もちろんお茶する目的のご来店も大歓迎です。』
b0091802_22211079.jpg

お店に並ぶコレクションは、フィンランドデザインの型にはまらない、ある種独特なテイストがありますね。これはライノさんのセレクション?どんなアイテムがありますか?
『お店に並ぶアイテムのほとんどは僕のセレクションによるものだけど、ディスカッションに応じてくれるパートナー会社もあります。
僕らのショップコンセプトは常に、ヴィンテージアイテム、クラフト製品、デザインやアートグッズでインスピレーショナルなホームコレクションを構成することです。ほとんどのアイテムはフィンランド製ですが、他の北欧諸国からの家具もあります。さらには、アフリカ、日本、中国やモロッコ、トルコからもユニークなグッズを仕入れているんですよ。』

なるほど。だから独特な雰囲気があるのですね。すごく素敵なコレクションだと思います。
そして、さらにはアートも扱っておられるんですね?

『はい。ショップでは常にアートをいくつか展示していますし、個展を開くこともあります。』
巨大な馬の彫刻が出現したこともありますものね^^。いつ訪れても新たな発見があって楽しい!

ところで、ライノさんはこのショップを始められる前はどんなご活動を?

『デザイナーとして色々な会社で働きました。一番長くいたのはフィンランドの会社でインテリアデコールを販売するPENTIK。14年間いて、デザインマネージャーを務めていました。
University of Art and Design Helsinki (現Aalto University) で Ceramic and Glass art and design の専攻でした。』

あぁ~、デザイナーさんだったんですね。だからこそ、このコレクションが成り立つわけです。
最後に、ショップのお名前『momono・桃野』の由来を教えてください。

『momonoという名前は2年前に生まれました。まるくて柔らかな音感を持っていて、直接特別なエリアやアイテムを連想させない名前にしたかったんです。あとになって、日本語だと“桃”、“野”という意味になると知って、すごく素敵だと思いました。日本の文化、芸術やインテリアデザインは、ずっと尊敬の念をもって見ていたし、momonoという言葉が日本語で意味をなすということは、自然なことだったのかもしれないです。』
そうだったんですね。とっても香り高い名前だと思います。
b0091802_21453167.jpg

momonoヘルシンキ・デザインディストリクトに参加していて、私もこのHPから momono の存在を知り、9月に開催されたHabitareにご招待したのでした。ヘルシンキ観光を計画されているみなさん、デザインブティックや素敵なレストランがリストに名を連ねる、ヘルシンキ・デザインディストリクトを参考に、デザインツアーに挑んでみては。もちろんmomonoにもご来店くださいね!

インタビューにお答えくださったライノ・ランタさん、ありがとうございました!

Momono • 桃野
Annankatu 12
00120 HELSINKI
tel: +358 (0)40 7265004
info@momono.fi
http://www.momono.fi
Facebook pageで営業時間、地図、最新の入荷状況などがわかります。
# by aikafeltworks | 2012-11-10 22:25 | お知らせ・リポート・ショップ
Habitare 2012 Arctic Designのブースは光と氷のイメージ
b0091802_18453374.jpg

ヘルシンキで明日9月16日(日)まで開かれているHabitareで、北フィンランドを拠点に活動するデザイナーが集まるブース、Arktinen Muotoilu │Arctic Design (2e29)のブースは、白黒の無彩色と光が寒い寒い北の地をイメージさせる、美しいデザインです。そこにデザイナーが使う『素材』が一番前に出されたデザインの数々が並びます。もしヘルシンキにいらしたら、ぜひ足をお運びくださいね。
b0091802_18455427.jpg
b0091802_18461592.jpg
b0091802_18463314.jpg
Photos from WDC2012 Helsinki-Rovaniemi
今回、Aika felt Works からはフェルトスリッパ、お散歩バッグ、ワインキャリアーバッグを通常の15%オフにて販売しています。12日の初日が終わった段階でスリッパのSサイズの追加をしましたが、数に限りがありますのでお早めに!

残念ですが、今回私は会場入りせずロヴァニエミで風邪をこじらせた家族といることにしました。今回のイベントの成功を祈りつつの記事更新。さて結果はいかに。。
# by aikafeltworks | 2012-09-15 19:12 | お知らせ・リポート・ショップ
Habitare 2012 に Aika Felt Works が出展します
b0091802_5283645.jpg
フィンランドの首都ヘルシンキで毎年行われているインテリアフェア、HabitareAika Felt WorksARCTIC DESIGN の合同ブースに出展します。私たちのブースは2e29。北フィンランドを拠点に活動するデザイナーが集まっています。

会期は9月12日(水)から16日(日)の5日間。初日と二日目の午後2時まではプロ向け、その後最終日まではどなたでもご入場いただけます(要入場料)。

Habitareでは商品の販売も行います。そしてなんと今回、Aika Felt Works では3つの商品をフェア価格(15%OFF)で販売します!

まず一つめはフェルトスリッパ。通常80,00€のところを、68,00€
b0091802_5491240.jpg


そしてお散歩バッグ。こちらは通常32,00€のところを27,20€
b0091802_5532274.jpg


最後にワインキャリアーバッグ。通常30,00€のところを25,50€
b0091802_5554913.jpg


手作り商品のため、普段割り引きすることはほとんどないのですが、入場料を払ってお越し下さるお客様に感謝のフェア価格です。ヘルシンキにいらっしゃる方は、ぜひお越しくださいね~!


Habitare OPENING HOURS

For public:
Thursday 13 Sep 2pm - 7pm
Friday 14 Sep 10am - 7pm
Saturday 15 Sep Oct 10am - 6pm
Sunday 16 Sep 10am - 6pm

For professionals:
Wednesday 12 Sep 10am - 6pm
Thursday 13 Sep 10am - 2pm

map >>
# by aikafeltworks | 2012-09-05 06:11 | お知らせ・リポート・ショップ
不安から導かれるもの
ほぼ3ヶ月ぶりの更新です。みなさまお変わりありませんか。

冬の間、写真をたくさん撮って記事をアップしていたのですが、雪解けの季節になると、カメラを向けたくなるような景色が段々減る日々で、ブログからも遠ざかっていました。その後、大阪の実家から私の両親がロヴァニエミに来て、1年ぶりくらいにお仕事を10日ちょっとお休みし、その後も思い切ってお仕事から遠ざかり、今まではやりたくても仕事を優先させて、手を出さずに我慢していた、洋裁に一ヶ月半ほど時間を費やしていました。本当は、来る秋冬シーズンのために、製品を作りためなければならなかったのだけど。

試験前とか締め切り前とか、時間が無いときに限って、全然違うことへのやる気がムクムクと出てくるのは、なんでなんでしょうね。子育てと、その隙間にやる仕事とで、いっぱいいっぱいの毎日から、ファッションデザインの勉強をしたいなぁという思いの炎が、チリチリと燃え始めていました。

私はフェルトを使ってモノを作っていますが、学校で勉強したのはインテリアや家具のデザインで、パターン作りの基礎的なことなどは学んでいません。手探りで、『こんなやり方でいいのかなぁ』と思いながら、紙にハサミを入れたり、それをミシンで縫ったりほどいたりして、だんだん自分のイメージに近づけていきながら、スリッパやバッグをデザインしてきました。

こんなやり方でいいのかなぁ、という不安はずっと根底にあって、例えばスリッパのパーツを切り出す、クッキーの型のような『抜き型』を制作すれば、ハサミで切るよりずっと仕事も早くて、美しい断面も得られるのに、なかなか制作に踏み切れなかったのは、『間違ったやり方をしているかもしれない』という自信のなさが原因だったように思います。

でも子供ができて、その上でどうやって仕事を続け、しかもそれをどうやって成長させることができるだろうか、と考えるとき、いままでのやり方では立ち行かないのは明らかで、ひとつハードルを越える必要がありました。
b0091802_435150.jpg
そうして、エイヤっと発注した金型が出来上がってきました。私がひいた図面から職人さんが作ったらしい、金型を作るための型紙も一緒に送られてきました。何かのパッケージの厚紙を再利用して作られた型紙。ところどころ油がしみていたり、焦げたりしていて、溶接している工場の音や匂いに包まれるような錯覚に陥ります。
b0091802_4135299.jpg
刃先を痛めないよう、そうっと触る。きれいだな、と思う。ものをつくるための道具って、もしかしたら、それから完成した製品よりも美しいのかもしれない。

不安なまま、作った金型。それから切り出したフェルトのパーツで、今までよりももっとシャープなカッティングラインのスリッパやお散歩バッグを縫い始めています。


ファッションデザインで学びたいのはパターンの製作法ですが、服自体も、とても面白い。

私は、大学では建築を少しだけかじり、仕事では家具の図面をひいていました。どちらも、自立し、重力や揺れがかかっても倒れない強度や構造が必要なもの。

でも、服って違う。体が中に入るから、自立する必要がなく、要するに表面だけを考えるわけで、着心地、保温性や伸縮性など、建築や家具とはまた違った方向で解決しなければならない問題があるけれど、そのデザインはとても自由な気がする。それに、全ての服が、全くの2次元から生まれるというのも興味深い‥あ、原毛から作るフェルトは3次元でいきなり作れますよね (笑)。

考えてみれば、私には図面をかくソフトがあり、ミシンがあり、仕事場がある。目の前には学費が無料の大学があり、服飾デザイン科がある。あぁ~!勉強したい!!

‥でも時間的に無理。そして今私にできることは、まず本を読んで勉強すること。
大阪からやって来た両親に運んでもらった本の中で、
中道友子さんの、『パターンマジック』、『パターンマジック〈vol.2〉』、『パターンマジック 伸縮素材
は素晴らしい!技術的に高度なので、実際にパターンを作ってみるには私に知識も経験もたりないため、まずは別の本の、型紙つきのシンプルなものから取り組んで、今6着目を仕立てています。体型に合うように型紙補正をしては縫って、ほどいて、が楽しくて止まりません。本業のフェルト制作に成果が表れるのはいつの日か。。。
# by aikafeltworks | 2012-08-02 05:16 | 私がつくっているもの
ハンドメイドのフェルトコースター


Aika Felt Works が制作する、ハンドメイドのフェルトコースター。ウールの原毛を層にし、一番上をウールのレースで覆ってフェルト化していく、その過程をご紹介します。

このコースターを作り始めたのは2006年だったかな‥。手作りフェルトの製品はルームシューズ、バッグ、スカーフ、クロスボックスといろいろ作りましたが、今も作り続けることができている、オールハンドメイドでは唯一のアイテムです。

こちらからご購入いただけます。
# by aikafeltworks | 2012-05-09 02:00 | 私がつくっているもの
朝、数時間だけの世界
Photos of today

朝はまだまだ冷え込むロヴァニエミ、今朝も数時間こんな世界でした。自転車をこぐ足をとめ、遠くを眺めたり木の枝先に寄ったりして、なかなか仕事場へ到着せず、足の小指の感覚がなくなってしまうほど長い寄り道をしながらの通勤でした。写真には写せなかったのですが、ダイヤモンドダストも、ため息が出るほどきれいでした。

Photos of today

Photos of today

Photos of today

日本のサクラはどうでしょうか。私も雪見酒といきたいところですが、この寒さの中、どう楽しめばいいのかな~。

‥あー!サウナがあった!週末、朝からサウナをあたためるか?!
# by aikafeltworks | 2012-04-05 05:22 | 思索・散策
ラップランド大学教員の展覧会
Arktikum, Rovaniemi, Finland

ロヴァニエミにある、北極圏の博物館 Arktikum で、私の母校でもあるラップランド大学の美術学部教員による展覧会が行われています。

Exhibition, Valon tuleminen

Exhibition, Valon tuleminen

Exhibition, Valon tuleminen

私の夫、カッレ・ランペラ (Kalle Lampela) の作品も。

Exhibition, Valon tuleminen, works of Kalle Lampela

これは2枚が対になる作品で、凹版画用の紙に、タイプライターで文字を何度も何度も重ねて打ったもの。赤い作品がカール・マルクスの『資本論』、黒い作品はテオドール・アドルノの『美の理論』からの引用で、どちらも少なくとも500ページに及ぶ文章。遠くから見ると古い布のよう。私の最も好きな作品のひとつです。

Exhibition, Valon tuleminen, works of Kalle Lampela

展覧会場は、Arktikum を入ってすぐ右のホールで、入場無料。4月29日まで行われています。ロヴァニエミにいらっしゃる方はぜひ!
# by aikafeltworks | 2012-04-02 00:17 | お知らせ・リポート・ショップ



浦田愛香 フェルトワーク from Finland
by aikafeltworks
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
Aika Felt Works
私がつくっているもの
Co-design project
お知らせ・リポート・ショップ
物作りマネジメント勉強会
フィン語でムーミンを読もう
フィンランドで妊娠出産
思索・散策
Shop
Aika Felt Works Webshop

フィンランド在住のデザイナー、浦田愛香による手作りのフェルト製インテリア雑貨のお店。フィンランドからお手元に直接お届けします。

ニュースレターを購読する

Aika Felt Works Webshop coasters
Aika Felt Works Webshop cottagebag
Aika Felt Works Webshop snowflake necklace
Aika Felt Works Webshop osampo bag
Aika Felt Works Webshop slippers
Aika Felt Works Webshop folding bag
Aika Felt Works Webshop wine carrier bag


☆Aika Felt Works
商品取り扱い店☆

Comfort Q (阪急百貨店のインテリアショップ 大阪)

FIQ online
FIQ 名古屋店

北欧雑貨

Kirpputori
(東京五反田)

WEBO(神戸市中央区)

Artisaani (Helsinki, Finland)

OKRA (Helsinki, Finland)

momono (Helsinki, Finland)

Taito shop Pirkanmaa (Tampere, Finland)

mainoa DESIGN SHOP
(Rovaniemi, Finland)

KORUNDI museum shop
(Rovaniemi, Finland)

CityHotel Art and Design shop
(Rovaniemi, Finland)





Aika Felt Works on Facebook
Aika Felt Works on Twitter
最新の記事
新しいブログへ移行します
at 2013-09-05 20:59
Aika Felt Work..
at 2013-06-29 05:21
商品を製作中!送料無料キャン..
at 2013-06-17 16:40
家を自分で建てると決めた、あ..
at 2013-06-14 05:40
ユハヌス フィンランドの夏至祭
at 2013-06-14 05:39
Twitter
ライフログ
参考資料
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧